茶道の買取

東京の街並み

東京都は日本の首都であり、物流や人口が密集している場所は23区に分けられています。
23区の中でも、新宿区には日本一の大きさである新宿駅があり、都庁を囲むようにして企業やホテルなどの高層ビルが立ち並んでいます。
しかしながら、都心である新宿区を上空から見下ろすと、緑豊かな場所が点在していることが分かります。
そんな、都心のオワシスと呼ばれる場所の1つに新宿御苑があります。
約18万坪ある新宿御苑の苑内には、日本庭園やイギリス風景式庭園、フランス式整形庭園などがあります。
桜や薔薇などの名所であり、毎年多くの客が訪れています。
また、千代田区で皇居の近くにある北の丸公園も、桜や紅葉の有名なスポットです。
このほかにも、東京で季節を感じられる場所は多く存在しています。

東京都の墨田区には、2012年の5月に東京スカイツリーが開業しました。
それに伴い、多くの観光客がその周辺にも訪れるようになりました。
中でも、台東区の浅草は海外からの観光客が急増しています。
しかしながら、開発を進めることなく、仲見世通りや食堂など昔ながらの建物を大切にしています。
最近の変化について、三社祭などの恒例行事や伝統工芸を大切にしながらも、若者のものづくりを応援するプロジェクトが盛んに行われるようになりました。
例えば、同じく台東区の小島にある台東デザイナーズビレッジでは、若者によるブランドの起業を応援しています。
1年ごとに期間更新の審査を行い、最大で3年間の入居ができ、様々な支援を受けることができます。